出直してようやく家が見つかった

出直してようやく家が見つかった

父の知り合いの人が足の具合が悪くてちょっとした手術をしたらしいのですが、まだあまり歩けないので
なるべく家で安静にしているそうです。この前家に電話がありそんな話をしていました。
 そして3日前その知り合いの家を訪ねに行ったのですが、住所は知っていてもその人の家に行ったことがありません。
地図で場所を調べると家はバスで山の上まで行き、そこから細いクネクネした道や階段を登ったり下りたりしないといけません。
地図を持って出かけたのですが、近くの住所まで行けたのですが住所が飛んでいてわからなくってしまい、1時間近く家を探したものの
家がわからず帰ってきました。
 そして電話をして場所を聞いてもよくわからないようで、足が悪くなければバス停まで来てもらえばいいのですがそうもいかず、その人は一人暮らしなので
困ったなと言っていましたが、昨日再び出かけました。そしてバス停から歩くと不動産屋があったのでそこで聞いたらようやく家の場所がわかりました。
どうやら曲がる道を間違えていて違う場所あたりを懸命に探していたらしいのです。山道は一本通りを間違えるととんでもないところに行くことがあるので
知らない場所だと探すのも大変です。その人の足の具合もよくなってきているようなので安心でした。